【八戸三社大祭】コロナ禍の開催「来年へ一歩」 行事縮小、問われる山車組支援

八戸三社大祭の初日行われた八戸市中心街での山車運行。新型コロナ禍で初の試みとなった=7月31日
八戸三社大祭の初日行われた八戸市中心街での山車運行。新型コロナ禍で初の試みとなった=7月31日
新型コロナウイルスの「第7波」が八戸市を直撃する中で開催された八戸三社大祭。コロナ禍で初となる山車運行などを経て、閉幕した。にぎわいの復活と感染症対策に向き合った祭り関係者は、「来年につながる一歩」と強調。ただ、この3年の行事縮小で、存続に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録