首相、早期改憲発議へ意欲 民意背景に国会議論主導

 自民党が描く憲法改正を巡る日程(似顔 本間康司)
 自民党が描く憲法改正を巡る日程(似顔 本間康司)
岸田文雄首相(自民党総裁)は11日、参院選での大勝を受けて党本部で記者会見した。憲法改正の国会発議に関して「できる限り早く発議に至る取り組みを進めていく」と意欲を表明。改憲に向けた「民意」が示されたとも語り、党総裁として国会での議論を主導す.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録