【参院選青森】大差の結末、招いた要因は/本紙記者座談会

各陣営のさまざまな思惑が交錯した参院選青森選挙区(写真はコラージュ、上から時計回りに田名部匡代氏、中条栄太郎氏、齊藤直飛人氏)
各陣営のさまざまな思惑が交錯した参院選青森選挙区(写真はコラージュ、上から時計回りに田名部匡代氏、中条栄太郎氏、齊藤直飛人氏)
10日に投開票された参院選青森選挙区(改選数1)は、与野党の事実上の一騎打ちとなり、立憲民主党現職の田名部匡代氏(53)が自民党新人の齊藤直飛人氏(47)に約6万票の大差をつけて再選を果たした。青森県内唯一の議席死守を掲げる立民と、2016.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録