ゴキブリ百万匹飼育し研究 アース、商品開発の生命線

 ゴキブリの「放し飼い部屋」と飼育責任者の有吉立さん=1月、兵庫県赤穂市
 ゴキブリの「放し飼い部屋」と飼育責任者の有吉立さん=1月、兵庫県赤穂市
あの厄介者が最盛期を迎えた。梅雨や夏の高温多湿を好むゴキブリだ。駆除に長年向き合うアース製薬の製品開発を支えるのが兵庫県赤穂市の研究所で飼う100万匹以上のゴキブリ。習性解明と退治、その先にある安心な家庭環境の提供のため、飼育は生命線だ。 .....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録