自民大物ら椅子取りへ火花 減員10県、保守地盤に影響/衆院新区割り勧告

 定数減の10県と主な議員
 定数減の10県と主な議員
衆院小選挙区「10増10減」の区割り改定案が明らかになった。政府は勧告通りに法改正する方針で、今後の焦点は定数1減となる10県の各党候補者調整に移る。保守地盤が多く、影響が大きいのは自民党。大物、中堅がひしめく県では限られた椅子を奪おうと火.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録