需要拡大傾向、増産に力 漆搔き作業始まる/二戸地方

漆掻き作業に励む金山昌央さん=15日、一戸町小井田
漆掻き作業に励む金山昌央さん=15日、一戸町小井田
国内の漆生産の約75%を占める二戸地域で、漆の木から樹液を採る漆搔かきの作業が始まった。文化庁が2015年に国宝や重要文化財の保存修復に国産漆を優先して使う方針を示して以降、需要は拡大傾向。二戸市は3年後の生産目標に2・2トンを掲げ、増産に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録