大帝になぞらえ侵攻正当化/プーチン氏とピョートル1世

 ピョートル1世の展示会を訪れたロシアのプーチン大統領(中央)=9日、モスクワ(タス=共同)
 ピョートル1世の展示会を訪れたロシアのプーチン大統領(中央)=9日、モスクワ(タス=共同)
ロシアのプーチン大統領が、戦争で領土を広げ、今年生誕350年となる皇帝ピョートル1世(大帝、1672~1725年)になぞらえてウクライナ侵攻を正当化している。「大帝は領土を取り戻した」「自らを守るためには戦うしかない」と強調。国の西欧化を強.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録