選挙の仕組み、投票の意義学ぶ ILC青森(八戸)で出前講座

模擬投票をする生徒
模擬投票をする生徒
青森県選管などは5月27日、八戸市の仙台育英学園高広域通信制課程ILC青森(三笠勝彦所長)で選挙出前講座を開き、同校の生徒15人が選挙の仕組みや投票の意義などを学んだ。 同講座は選挙への関心を高めてもらおうと県選管が企画。同校での実施は初め.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録