九州から東北の太平洋側、大雨恐れ/7日にかけ

前線を伴った低気圧が発達しながら通過する影響で、九州から東北の太平洋側では7日にかけ雷を伴った大雨となる所があるとして、気象庁は6日、土砂災害や低い土地の浸水、河川の氾濫への警戒を呼びかけた。 気象庁によると、低気圧は太平洋側沿岸部を東北東.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録