【ウクライナ侵攻】銃で死ぬか、放射線か/ロ軍一時制圧のチェルノブイリ原発

 ロシア兵により荒らされた放射線量を計測する施設=5月31日、ウクライナ・チェルノブイリ原発の立ち入り制限区域内(共同)
 ロシア兵により荒らされた放射線量を計測する施設=5月31日、ウクライナ・チェルノブイリ原発の立ち入り制限区域内(共同)
「ロシア兵の銃か、放射線か。どちらかで死ぬのだろう」。ウクライナ北部チェルノブイリ原発関連の職場で働く公務員オレクサンドル・スキルタさん(48)は悲惨な最期を覚悟した。ロシア軍がウクライナ侵攻初日の2月24日、同原発を制圧し、世界を震撼(し.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録