災害時のトイレ、平時から対策を 確保に積極姿勢の自治体も

 主な災害用トイレ
 主な災害用トイレ
大きな災害を経験した自治体の多くが、トイレを巡るさまざまな困難に直面してきた。識者は平時から取り組む必要性を強調。全国的な流れにはなっていないが、トイレ確保に特化した計画を策定するなど積極姿勢の自治体も出てきた。 2011年の東日本大震災で.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録