物価抑制へ大統領近く判断 窮余の策も政権批判の種に/米国の対中制裁関税

 対中制裁関税引き下げを巡る米政権の構図(写真はゲッティ)
 対中制裁関税引き下げを巡る米政権の構図(写真はゲッティ)
米国が知的財産権侵害などを理由に中国に課している制裁関税を巡り、バイデン米大統領は引き下げの可否について近く判断する。記録的なインフレが政権の支持率低迷の一因となっており、11月の中間選挙を前に窮余の策を繰り出して物価抑制を狙う算段。ただ十.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録