Free地方スポーツの活性化を ホリエモン、八戸・はっちで講演

地方でのスポーツ活性化などについて語る堀江貴文さん
地方でのスポーツ活性化などについて語る堀江貴文さん

実業家の堀江貴文さんが5日、八戸市の「はっち」で講演した。市内外から訪れた約50人の聴講者を前に、地方でのスポーツの活性化や地方都市の魅力向上の可能性について持論を展開した。

 講演は2021年12月から開催されている「堀江貴文講演会全国ツアー」の一環で、仙台市の広告代理店が主催した。

 堀江さんは、昨年5月に球団「福岡北九州フェニックス」を設立。今シーズンから、プロ野球独立リーグの九州アジアリーグに参入した。講演では「地方には掘り起こせていない需要が確実にある。サッカーJリーグのように全国に30、40のプロ球団があってもいいはずだ」と強調した。

 八戸市尻内町の通年型リンク「フラット八戸」について、「(市内には)いい施設やイベントがたくさんあるのだから、八戸の名をもっと国民に知ってもらわないと」と呼びかけた。

 このほか、行政に関し「ふるさと納税や地域おこし協力隊などの制度を活用して、資金を集めるべきだ。お金があれば、面白いことはいくらでもできる」と提言した。

………………………………………
※地域のニュースはデーリー東北で。アプリはこちら。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録