【大相撲】進化止まらぬサラブレッド “大器”琴ノ若、2大関連破

 琴ノ若(左)が突き落としで正代を破る=両国国技館
 琴ノ若(左)が突き落としで正代を破る=両国国技館
角界の“サラブレッド”の進化が止まらない。祖父が元横綱琴桜(故人)、父は師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)の琴ノ若。自己最高位の西前頭2枚目で大関を連破した。2場所連続の11勝で千秋楽まで優勝争いに加わった24歳の大器は「気持ちの面で強くな.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録