八戸中心街の魅力、理想は 講演やワークショップ、市民ら50人意見交換

ワークショップでは、幅広い年代の市民が理想の中心街について意見を交換した
ワークショップでは、幅広い年代の市民が理想の中心街について意見を交換した
八戸市中心街の在り方を考える勉強会「まちなかストリートデザインラボ」が4月30日、同市の「はっち」で開かれた。市民らは講演やワークショップを通じ、街中の魅力や理想とする将来像に思いをはせた。 三日町と十三日町を通る国道340号の再編を目指す.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録