速さ優先、生活支援は手薄 現場「借金負わせるだけ」/コロナ特例貸し付け

 特例貸付金の相談に応じる社会福祉協議会の職員=2020年6月、兵庫県尼崎市(同市社協提供)
 特例貸付金の相談に応じる社会福祉協議会の職員=2020年6月、兵庫県尼崎市(同市社協提供)
新型コロナウイルス禍で収入が減った人への特例貸付金を巡り、自己破産などの手続きに入った人が判明しただけでも約5千人に達した。つなぎの資金を迅速に渡すため条件を緩め、期間の延長を繰り返したが、想定外に長期化。支援の現場からは「生活を立て直す支.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録