【参院選青森】立民、自民の事実上一騎打ち

夏の第26回参院選は、岸田政権に対する初の審判で、経済対策や新型コロナウイルス対応が争点となる。青森選挙区(改選数1)では、立憲民主党現職の田名部匡代氏(52)と自民党新人で青森県議の齊藤直飛人氏(46)、NHK党新人の佐々木晃氏(50)の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録