天鐘(4月16日)

あの人物が今の世界を見たなら、こう嘆くのだろうか。なぜ人類は歴史の教訓から学ばず、戦争を繰り返すのか。国連はまたも役割を発揮できないのか。憂い顔と共に想像される▼「太平洋の橋とならん」と志し、世界平和の架け橋として奔走した新渡戸稲造は、国際.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録