【横浜町の鳥インフル】殺処分着手、困難の見通し 防護服など調達めど立たず

防護服を着て措置をする作業員ら=11日、横浜町
防護服を着て措置をする作業員ら=11日、横浜町
横浜町の養鶏場で新たに高病原性鳥インフルエンザの疑いがある事例が発生した問題で、青森県は14日、養鶏場の鶏の遺伝子検査が陽性となり、殺処分が必要となった場合でも、防護服や炭酸ガスなどの資材が不足していることから、直ちに殺処分に入れないことを.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録