【横浜町の鳥インフル】「またか」終息遠のく 対応の職員ら落胆

横浜町の農場で14日、再び高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例が確認された。8日に発生した農場では青森県による防疫措置が15日に完了する予定だった。「またか」。対応の終わりが遠のく状況となり、町職員は落胆の色を隠せない様子だった。 町によ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録