「未来の実験場」準備着々 大阪・関西万博開幕まで3年

 人工島・夢洲の地下鉄建設現場(手前中央)=2月、大阪市
 人工島・夢洲の地下鉄建設現場(手前中央)=2月、大阪市
2025年大阪・関西万博は13日で開幕まであと3年となり、準備が着々と進む。「未来社会の実験場」をコンセプトに先端技術を集結。約2兆円もの経済波及効果が期待される。ただ、ロシアのウクライナ侵攻などに伴う建設資材の高騰や、新型コロナウイルスの.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録