時評(6月3日)

慢性的な人手不足が続いていた労働市場は、新型コロナウイルスの感染拡大で状況が一変し、企業は余剰人員に頭を痛めだした。 総務省の調査によると、4月の休業者は597万人と前年同月比で420万人増えた。就労者全体の約9%が仕事を休んだことになる。 (さらに…).....
この情報へのアクセスは会員に限定されています。
会員登録の上、ログインしてください。