時評(8月5日)

広島市は6日の原爆の日、被爆75年の節目を迎える。松井一実市長は平和記念式典で、政府に核兵器禁止条約の締約国となるよう求める平和宣言を行う予定だ。 原爆投下直後、広島に降った黒い雨。それに含まれた放射性物質による被害に今も苦しむ多くの人々が (さらに…).....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら