映画「永遠の1分。」ロケ地・久慈で先行上映/震災焦点、監督ら舞台あいさつ

舞台あいさつで登壇した曽根剛監督(左)と主演のマイケル・キダさん(左から3人目)
舞台あいさつで登壇した曽根剛監督(左)と主演のマイケル・キダさん(左から3人目)
東日本大震災から11年になるのを前に、震災に焦点を当てた映画「永遠の1分。」が26日、ロケ地の久慈市で先行上映された。監督の曽根剛さんらが舞台あいさつし、「震災に限らず世界中の困難に立ち向かう人へのメッセージを感じ取ってほしい」と呼び掛けた.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録