核ゴミ調査受諾の現職当選/北海道・神恵内村長選

原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のゴミ)の最終処分場選定を巡り、第1段階の文献調査が行われている北海道神恵内(かもえない)村で27日、任期満了に伴う村長選が投開票され、いずれも無所属で、調査を受け入れた現職高橋昌幸氏(71)が、隣の泊村.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録