名張事件、再審の扉開くか 「新証拠」の評価が焦点

 名張毒ぶどう酒事件を巡る争点
 名張毒ぶどう酒事件を巡る争点
三重県名張市で1961年に女性5人が死亡した名張毒ぶどう酒事件で、2015年に病死した奥西勝元死刑囚の再審可否について、名古屋高裁(鹿野伸二裁判長)が3月3日に決定を出す。妹の岡美代子さん(92)が申し立てた第10次再審請求の棄却決定に対す.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録