親ロ政権、強引に樹立か 武力で大統領排除狙う/ウクライナ侵攻

 停戦交渉を巡る主張(写真はロイター、タス)
 停戦交渉を巡る主張(写真はロイター、タス)
ロシアによるウクライナ侵攻の狙いは、親欧米ゼレンスキー政権を打倒し、自らの息がかかった親ロ政権を樹立することにあるとの見方が強まっている。一部のロシア軍はキエフ中心部近くまで侵入、陥落が視野に入る。停戦交渉に応じる姿勢も見せるが、受け入れ困.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録