足元に爆弾、今も鮮明に 逮捕後の犯人、表情穏やか/あさま山荘突入の機動隊員

 当時の写真を手にする、あさま山荘への突入部隊に志願した元長野県警機動隊員の箱山好猷さん=1月、長野県上田市
 当時の写真を手にする、あさま山荘への突入部隊に志願した元長野県警機動隊員の箱山好猷さん=1月、長野県上田市
1972年2月、長野県軽井沢町で、猟銃や手製爆弾を持った連合赤軍のメンバー5人が管理人の妻を人質にとって立てこもり、民間人1人と機動隊員2人が命を落とした「あさま山荘事件」。当時長野県警の機動隊員だった箱山好猷さん(86)は突入部隊に志願し.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録