Free今後も巨木で地域振興 階上売り込み隊、思い新たに 地域再生大賞 優秀賞伝達式

川口桂子編集局長(左)から賞状を受け取る伊藤武男会長
川口桂子編集局長(左)から賞状を受け取る伊藤武男会長

デーリー東北新聞社など地方新聞46紙と共同通信が運営する第12回地域再生大賞で、優秀賞に選ばれた階上町の階上売り込み隊(伊藤武男会長)への伝達式が17日、同町の伊藤会長宅で行われ、関係者が地域振興への思いを新たにした。

 地域再生大賞は地元に活気をもたらし、全国のモデルとなる活動や団体をたたえている。例年は東京で表彰式を行うが、新型コロナウイルスの感染防止のため、昨年に続き受賞団体の地元で個別に実施した。

 階上売り込み隊は2010年に結成。当初はハマを盛り上げようと「階上どんこ祭り」などを開催。近年は町内の「巨木めぐり」を積極的に展開している。本年度は町内の児童を対象に巨木ツアーを行った。

 式には伊藤会長や町職員が出席。デーリー東北新聞社の川口桂子編集局長が伊藤会長へ賞状と記念品を手渡した。伊藤会長は「子どもたちをはじめ、多くの人に町の魅力を伝え、将来につながる活動を今後も続けたい。巨木を町の観光に役立てていければ」と喜びを語った。

お気に入り登録