商品化へ樹液採取 六戸高生がメープルシロップ作り

舘野公園内のカエデから樹液を採取する六戸高生
舘野公園内のカエデから樹液を採取する六戸高生
青森県立六戸高(鈴木崇校長)は18日、メープルシロップ作りに向け、六戸町の舘野公園のカエデに樹液を採取する用具を取り付けた。同公園のさつき沼周辺のビオトープ化に関連する取り組みの一つで、採取は3月中旬まで行う予定。樹液の回収や保存、加工は町.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録