和牛のルーツ守り続ける 岡山、「いつか味わって」

 幻の和牛として知られる「竹の谷蔓牛」の飼育に取り組んでいる平田五美さん=9日、岡山県新見市
 幻の和牛として知られる「竹の谷蔓牛」の飼育に取り組んでいる平田五美さん=9日、岡山県新見市
岡山県新見市の牛農家平田五美さん(78)は和牛のルーツの一つとされる「竹の谷蔓(つる)牛」の飼育に約40年前から取り組んでいる。市場にほとんど出回らない幻の和牛として知られており「かめばかむほど味わい深い。いつか全国で食べられるようになれば.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録