航路標識協力団体に八戸市など指定 鮫角灯台の活用期待/第2管区海保

第2管区海上保安本部(塩釜)は22日、鮫角灯台(八戸市)と尻屋埼灯台(東通村)の「航路標識協力団体」に、それぞれ八戸市と燈光会(東京)を指定した。海上保安庁と連携して維持管理などをする団体として法的に位置付けることで、灯台の活用に必要だった.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録