【新型コロナ】居酒屋協力金、収入の4割 8社計340億円、赤字穴埋め

 居酒屋大手の業績と休業・時短営業協力金
 居酒屋大手の業績と休業・時短営業協力金
大手居酒屋チェーン8社が2021年度に自治体から受け取った休業・時短営業の協力金が現時点の合計で約340億円に上り、売上高の4割近くに相当することが22日分かった。8社はいずれも本業のもうけを示す営業損益が赤字で、協力金収入で損失を穴埋めす.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録