【ブレイズ―RE北海道】個の力の差、勝敗分ける

ブレイズが勝てば首位の可能性もあった後期ホーム最終戦を白星で飾れなかった。粘り強い戦いを繰り広げたが、わずか13人の相手に一瞬の隙を突かれる場面が目立った。大久保智仁監督は「序盤の連続失点が最後まで響いた。もっと相手に当たりにいくなど厳しい.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録