統計書き換え「責任回避」 第三者委報告、業務軽視も 国交省、関係者処分へ

 国土交通省による建設統計書き換えの経緯
 国土交通省による建設統計書き換えの経緯
国土交通省の第三者委員会(委員長・寺脇一峰元大阪高検検事長)は14日、建設受注統計書き換えの検証報告書を公表した。職員が是正を提案したのに、上司が取り合わないなど「幹部職員に責任追及を回避したい意識があった」と批判。不適切な処理が続いたのは.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録