Free朝のニュースダイジェスト(1月13日)

【青森県内86人感染 上十三などでクラスター3件】
 青森県は12日、県内で86人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。上十三保健所管内の保育施設で1件、弘前管内で会食に絡んで2件のクラスター(感染者集団)が発生した。

 【オミクロン株、宿泊療養などでも対応 青森県】
 青森県は12日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染者について、全員入院としていた方針を見直し、軽症や無症状であれば宿泊療養などで対応すると発表した。

 【三八上北などで暴風雪 交通に乱れ】
 強い冬型の気圧配置の影響で青森県内は12日、大荒れの天気となった。青森地方気象台は三八上北や津軽の全域に暴風雪警報を一時発令。交通機関は乱れ、列車の運休などが相次いだ。

 【売上高4・1%減381億2900万円 サンデー21年3~11月期】
 東北地方でホームセンターを展開するサンデー(八戸市)は12日、2021年3~11月期の決算を発表した。売上高は前年同期比4・1%減の381億2900万円、純利益は29・9%減の7億5500万円。いずれもコロナ禍前の19年度実績は上回った。

 【21年産リンゴ在庫量、過去10年で最少 青森県】
 青森県が12日公表した2021年県産リンゴの産地在庫数量によると、昨年12月末時点の在庫量は前年比23%減の18万7555トンで、過去10年で最少となった。干ばつや霜の影響で生産量が少なかったことが主な要因。

お気に入り登録