【全国高校サッカー】「パーフェクトな試合」 青森山田、終始ボール支配

第100回全国高校サッカー選手権決勝の大津戦の前半、チーム2点目のゴールを決め喜ぶ名須川真光(中央)や藤森颯太(左、むつ市出身)ら青森山田イレブン。3大会ぶり3度目の優勝を成し遂げた=10日、国立競技場
第100回全国高校サッカー選手権決勝の大津戦の前半、チーム2点目のゴールを決め喜ぶ名須川真光(中央)や藤森颯太(左、むつ市出身)ら青森山田イレブン。3大会ぶり3度目の優勝を成し遂げた=10日、国立競技場
磨き上げたサイド攻撃、セットプレー、前線からのプレス…。全ての強みをフルに発揮して、青森山田が3年ぶりに王座を奪還した。シュート数12。CK12回。相手には1本のシュートも打たせず、数字上も“最強”を証明。黒田剛監督は「パーフェクトな試合だ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録