仏独、立場の違い鮮明 対立回避へ一定配慮も/EU原発グリーン認定方針

 原発を巡るEUの構図
 原発を巡るEUの構図
欧州連合(EU)欧州委員会が、原発を環境に配慮したグリーンな投資先と認定、低炭素社会に向けたエネルギー源として活用する方針を示した。推進派のフランスが勢いづく一方、ドイツは脱原発を堅持し、立場の違いが鮮明になった。欧州委はドイツが安定確保を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録