【新型コロナ】岩手県が「警戒宣言」発令 市中感染複数確認で

岩手県は8日、北上、奥州、大船渡の3市と盛岡市、中部の両保健所管内で10歳未満から80代の男女10人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。一方、県内でオミクロン株による市中感染が複数確認されたとして「岩手警戒宣言」を出した。 宣言は.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録