連合青森が春闘方針決定 賃上げ1万400円要求

2022年春闘に向け、連合青森は7日、青森市で第1回闘争委員会を開き、前年より100円低い、月額1万400円程度(増加率5・0%程度)の賃上げを要求する方針を決定した。新型コロナウイルスの影響が長期化し、収益が悪化する企業側の反発も予想され.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録