揺らぐ「専守防衛」 政府、敵基地攻撃能力の保有含め検討

 日本のミサイル防衛政策の変遷
 日本のミサイル防衛政策の変遷
日本政府がミサイル防衛に関し、敵基地攻撃能力の保有を含め「あらゆる選択肢を検討する」と米側に表明した。日米の外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)の共同発表に「決意」を明記。バイデン米政権の同意を取り付けた形だ。巨費を投じ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録