「国父」支配に不満爆発 カザフ暴動、ロ支援で徹底封じ込め

 カザフスタン暴動を巡る構図(写真はゲッティ、タス)
 カザフスタン暴動を巡る構図(写真はゲッティ、タス)
旧ソ連の中央アジア諸国で最も治安が安定した国の一つだったカザフスタンで、燃料値上げへの抗議デモが大規模暴動に発展した。ソ連時代末期から同国に君臨してきた最高権力者の「国父」ナザルバエフ前大統領(81)と、家族や側近たちによる長期支配への国民.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録