【沖縄はいま 復帰50年】第1部(2)米国文化、受け入れ発展

 米国文化を取り入れた主な地区
 米国文化を取り入れた主な地区
英語の看板を掲げたバーや洋服店、タトゥー店が立ち並ぶ光景は「異国情緒あふれる」と評される。沖縄本島中部、米軍嘉手納基地第2ゲートから南東に延びる通称「ゲート通り」。かつて近くでステーキハウス「ニューヨークレストラン」を経営した徳富清次(77.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録