大間マグロに1688万円/豊洲初競り

東京・豊洲市場(江東区)で5日、今年最初の取引となる「初競り」が開かれた。211キロの大間産クロマグロが、この日最高価格の1688万円で競り落とされた。新型コロナウイルスの影響で外食産業が低迷し、昨年の2084万円を下回った。 都によると、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録