妊婦の孤立防ぐ仕組みを 相談7000件、内密出産に国慎重

 記者会見する慈恵病院の蓮田健院長(右)=4日午後、熊本市
 記者会見する慈恵病院の蓮田健院長(右)=4日午後、熊本市
熊本市の慈恵病院で、未成年の女性が病院以外に身元を明かさないまま出産した。孤立した妊婦の出産を防ぐため、独自に導入した「内密出産制度」を利用した。差し迫った女性から同病院への相談は年7千件に上る。関係者は法律に基づく制度化を求めるが、国は慎.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録