【ブレイズ-クレインズ】決定力不足響き敗戦

ブレイズは中盤以降の決定力不足が響き、年内最後のホーム戦を白星で飾れなかった。大久保智仁監督は「攻め込み方は悪くない。あとはシュートを入れるだけだったが…」と残念がった。 先制されたとはいえ、第2ピリオド(P)4分すぎからは、得意の数的優位.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録