【ワッツ-東京】プレー修正の相手 攻めあぐね

今季初の連勝を狙った青森だったが、前日から攻守でプレーを修正してきた相手を攻めあぐね、今季3勝目はならなかった。堀田剛司ヘッドコーチは「序盤からボールを持った選手へのプレッシャーが強く、守備の強度が上がっていた」と厳しい表情を浮かべた。 攻.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録