Free南部町産レクラークで発泡酒 日航がPR支援、空港などで販売

ゼネラル・レクラークを使った発泡酒「フルーツリング」
ゼネラル・レクラークを使った発泡酒「フルーツリング」

南部町特産の高級洋梨「ゼネラル・レクラーク」を使った発泡酒「フルーツリング」が12月1日から、青森、三沢両空港などで数量限定で販売される。福島県産のアプリコット(アンズ)も使用し、濃厚な甘味と程よい酸味が特徴だ。

 同町小向の泉山茂さんが生産したレクラークを使用し、酒類を販売する「ルーチェ」(東京)が企画した。日本航空は地域の課題解決に取り組む「JALふるさとプロジェクト」で販売促進を支援する。

 29日は泉山さんら関係者が青森県庁を訪問。「JALふるさとアンバサダー」を務める日本航空青森支店の葛西恵理さんが「香りは甘く、味わいはドライ。男女問わずに楽しんでいただける味」とPRし、前日夜に試飲したという三村申吾知事は「レクラークの良さを最大限引き出している」と太鼓判を押した。

 200ミリリットル入り979円、750ミリリットル入り2970円(いずれも税込み)。県内の酒販店30店舗や、日本航空の通販サイトでも販売する。

お気に入り登録