【米価下落】収入減の稲作農家に助成金 八戸市、補正予算案に計上

2021年産米の生産者概算金の大幅下落を受け、八戸市は25日、収入が減少する稲作農家への市独自の支援策として、主食用米の作付面積10アール当たり5800円を助成する方針を明らかにした。生産経費と概算金との差額となる赤字分の半分程度に当たる。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録