親魚に1キロ1800円支払い 資源回復へ卵確保 県さけます振興協

不漁が続くサケの資源回復を目指し、青森県さけます増殖流通振興協会(会長・松下誠四郎県漁連会長)は22日、県内で稚魚放流用の卵を確保するため、海で捕獲する親サケ「海産親魚」を提供した漁業者に、1キロ当たり1800円(税別)を支払うことを決めた.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録