FreeJR東、縄文で大型観光企画 北東北3県売り込み、来年7月から

JR東日本は18日、来年7~9月に青森県など北東北3県を重点販売地域に指定し、3県や観光事業者と一体となった大型観光キャンペーンを実施すると発表した。キャッチコピーは、土器や北を連想させる「ドキドキ、キタキタ、北東北」。縄文遺跡群を中心に北東北の魅力が詰まった旅行企画などを展開し、誘客を図る。

 重点販売地域は、JR東が地元自治体や観光事業者と連携しながら集中的な情報発信を行うもの。来年7月は「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録1周年に当たる。

 3県では、JR東などと今年4~9月に東北デスティネーションキャンペーン(DC)を実施。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大で企画の中止などが相次ぎ、見込んだ効果は得られなかった。

 今回のキャンペーンでは、東北DCの取り組みを継承。世界遺産や夏祭り、歴史・文化、自然などテーマ別での誘客や企画を展開し、首都圏だけでなく県民も楽しめる内容とする方針。

………………………………………
※地域のニュースはデーリー東北で。アプリはこちら。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録